*

管理会社とともに、より良いマンションにしていきたい

公開日: : 最終更新日:2015/11/27 お客様の声

根本理事長-2ノーブル東札幌 理事長

根本 清一さん

北海道・ロシア文化協会会長を務められ、囲碁七段の腕前をお持ちの根本理事長。「札幌とロシア・ノヴォシビルスク市は姉妹都市。私は囲碁を教えにいったのがきっかけで会長をお引き受けしています」。根本理事長は国際交流にも尽力されつつ、お住まいのマンションのことを、ずっと大切に思われて行動されています。

役員の輪番制が一巡したのをきっかけに、
より安定した管理組合運営のために、
任期を3年に変更。

私たちが住む「ノーブル東札幌」は、札幌の中心街・地下鉄大通駅から3つ目、約6分で到着する東札幌駅近くにあります。病院も多く、スーパーも近くにあって、生活するにはとても便利な場所です。竣工時から住んでいますので、暮らし始めてもう15年になります。
竣工後、最初の理事長も務めました。私は建設関係の会社経営をしており、建設業界では協力業者の会が組織されています。縁あって、私はそれらの会長をいくつかお引き受けしており、大勢の方々をまとめるのは経験がありましたので、マンションの理事長もお引き受けした次第です。
ただすぐに、売主の会社が倒産して、ごたごたしたために、任期を延長して2年間理事長を務めました。以来、理事長は2年続ける輪番制が慣例となりました。
今回、ちょうど一巡したところで再び私がお引き受けすることになり、理事長の任期について話し合いました。住民にアンケートをとると、僅差で輪番制が多かったので輪番制としました。しかし、1年交代では理事会の仕事は全然わかりません。2年任期だと少しわかったという程度で交代しなければなりません。これだと管理会社と理事会のコミュニケーションが取りづらくなってしまう場合もあり、住民の声が反映されないことが懸念されますので、3年交代としました。固定制でも輪番制でも、それぞれ長所短所がありますから、折衷案といったところです。

大規模修繕工事も終わり、管理会社も
変更し、マンションの第二章がスタート。
今後は、住民とのコミュニケーションを大切に。

管理会社を「あなぶきセザールサポート」さんに変更したのは昨年で、大規模修繕工事中でした。以前の管理会社はコスト面だけでなく、その他にも問題が発生していました。例えば、休日や夜6時を過ぎたら担当者と電話がつながらなかったり、住民とのコミュニケーションも希薄だと感じていました。長年、お世話になってきましたが、今後のことも考えて、住民説明会を行った結果、「あなぶきセザールサポート」さんに変更しました。担当者や管理員さんの対応も良く、24時間コールセンターが夜間もサポートしていただけますので、住民も助かっているようです。
マンションでは年に1〜2回、懇親会を行っています。つい最近では11月に行ったところで、新年会も毎年行っています。懇親会では、マンション内での出来事やファイターズの話題で交流を深めています。
竣工して15年になりますが、防災訓練は行っていません。札幌は地震が少ない土地柄ですし、免震マンションということもあってか、皆さん安心してしまっているのだと思います。ただ、災害はいつ、どのように起きるかわかりません。近くにある「あなぶきセザールサポート」さん管理のマンションでは、「炊き出し」までして防災訓練をしていました。次回は近隣のマンションと連携して防災訓練を行うことも、管理会社と打ち合わせしています。
最近の出来事としては、駐車場が幹線道路に面した場所にありますので、防犯カメラを設置することにしました。また、エレベーターの保守点検業者を変更して、支出を抑えました。まだ任期は始まったばかりですが、新しくなった管理会社とともに、より良いマンションにしていきたいと思っています。

The following two tabs change content below.
あなぶきセザールサポート公式

あなぶきセザールサポート公式

分譲マンション管理のあなぶきセザールサポート
提案力・コミュニケーション・期待値+αのサービスでお客様のくらしをサポート。お住まいの資産価値と利用価値の維持向上につとめ、お客様から必要とされる管理会社を目指しています。http://www.ce-anabuki.jp/

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

管理会社と管理組合との円滑なコミュニケーション、それが住み心地のいい環境を整えマンションの資産価値を高める鍵。

あなぶきセザールサポート公式 あなぶきセザールサポート公式

記事を読む

漠然としていた課題を、今は管理会社が具体化し、解決へと導いてくれる。

あなぶきセザールサポート公式 あなぶきセザールサポート公式

記事を読む

いつもコミュニケーションを取り、住民同士が助け合う。目指すのは平成の”長屋”。

あなぶきセザールサポート公式 あなぶきセザールサポート公式

記事を読む

暮らしているマンションを少しでも良くしたい

あなぶきセザールサポート公式 あなぶきセザールサポート公式

記事を読む

「自分の財産は自分で守る」という想いで理事長に

あなぶきセザールサポート公式 あなぶきセザールサポート公式

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
住宅宿泊(いわゆる民泊)事業への対応につきまして

管理組合理事長様 拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げ

2017年度あなぶきグループ内定式

先日、今年4月に入社した新卒社員が「賃貸の初契約決まりました!」と報告

(宅地建物取引業者各位)「管理に係る重要事項調査報告書」発行手数料改定のお知らせ

宅地建物取引業者 各位 拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申

あなぶきセザールサポートのユニークな取り組み②『ハピすけ』

あなぶきセザールサポートにはユニークな社内取り組みがいくつかありますが

お客様情報誌「plus alpha」vol.17をお届けいたします

あなぶきグループお客様情報誌「plus alpha」vol.1