*

住民同士の声に耳を傾け、小さなことも早めに対応することで、大事に至らないようにする。

公開日: : 最終更新日:2018/03/08 お客様の声

無題

クラックスハイム川口 理事長 安藤 順一さん

 

一番大変だったのは、マンション管理会社の変更。住民全員で検討した結果、対応の早さが決め手になった。

「クラックスハイム川口」は今年で築36年、全16戸のマンションです。ほとんどの住民の方とは新築のころからのお付き合いです。マンションの総会もほとんど全員が出席するほど、お互いに良好な関係が築けていると思っています。また、理事長は輪番制になっていて、1階から4階までのフロアごとの代表者が順番に2年間務めることになっています。私は今回で3度目の理事長を務めて2年目になります。

3度の理事長を経験してみて、ようやく自分の役割についてわかるようになってきたかな、と思っています。振り返ってみると、1度目と2度目のときは何もわからないまま過ぎていったように思います。まだ築年数も浅かったので、特に大きな問題もなかったのも大きかったのもあり、管理会社に任せていれば大丈夫だと思い込んでいました。ただ、昨年の6月に3度目の理事長になってみて、様々な問題に直面したときに解決できずに時間ばかりかかって、あまりスムーズに進んでいきませんでした。そこで新たな打開策が必要だと感じ、思い切って管理会社を変えたんです。

様々なマンション管理会社を住民全員で検討した結果、あなぶきセザールサポートさんいお世話になることにしました。決め手は、対応の早さです。こちらが困っていることに対して迅速に応えてくれるので非常に良かったと思います。今年の3月に契約してから、半年もたたないうちにすべて解決してくださいました。屋上の排水詰まり、トイレタンクの不具合、共用部の排水管からの漏水、通路の側溝の修繕など、この3、4年間ずっと滞っていた多くの問題を一気にクリアしていただきました。

今期の理事長になってから一番大変だったのは管理会社の変更でしたが、やって良かったと思っています。あなぶきセザールサポートの担当さんには、不具合があると直接来てもらえたり、理事会で議題に上がったことはすぐに調べてもらったり、対応がびっくりするぐらい早くて、安心ですね。何かあったら迅速に対処しなければ、マンションの資産価値がどんどん下がっていってしまいますからね。

 

住み心地の良い環境で長く暮らすために、築70年を目指してマンションを維持管理していく。

私が理事長として心掛けているのは、なるべく早め早めに動くことです。主に修繕は、悪いところを見つけたらすぐ対応するようにしています。マンションも築30年が過ぎていますから、放っておくと大変なことになりますからね。私だけではわからないこともありますので、住民の方々に「何か気になることはありませんか?」と声をかけるようにしています。

小規模マンションなので、コミュニケーションがとりやすいのもいいところです。一時期、自主管理にしたこともあって、住民みんなで協力しなければいけないという意識が芽生えたことで結束力が生まれて、いい関係が続いています。

このマンションは閑静な住宅街にあって住み心地が良く、都心へのアクセスもいいのでとても気に入っています。北海道の出身ですが、ずっと長く住んでいきたいなと思っています。私も含めて、新築のころから住んでいる方が多くて、終の棲家にと考えている方も多いと思っています。今は、お子さんと同居されている方も結構います。若い世代も増えて、結構にぎやかなんです。

住民同士でよく話しているのは、あと30~40年、築70年くらいはマンションを維持させたい、ということです。そのために、管理会社のあなぶきセザールサポートさんには、力を貸してもらいたいですね。マンション管理のプロとして、最新の情報をお持ちでしょうから、「これをやってみたらどうか」とアドバイスをいただきたいですね。また、将来に向けたメンテナンスプランなども一緒に考えていけたらいいですね。2012年に前回の大規模修繕をしましたけど、次回はまた工事のポイントも違ってくるでしょうから、数年かけてじっくり取り組んでいきたいと思います。築70年に向かうために、十分な対策をしながら、日々楽しく暮らしていければ幸せですね。

The following two tabs change content below.
山本 武雄

山本 武雄

総務部:山本 武雄(やまもと たけお)
あなぶきセザールサポートで広報を担当しております山本と申します。当社の各種ブランディング活動(インナーブランディング・アウターブランディング)を、一企業の取り組み事例としてご紹介させていただきます。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

多くの住民が総会に出席し話し合い、皆で協力して組合運営していくのが理想です。

山本 武雄 山本 武雄

記事を読む

住人が不自由なく暮らせること、マンションの資産価値をとにかく高めること、この2点を大事にしています。

山本 武雄 山本 武雄

記事を読む

管理会社と管理組合との円滑なコミュニケーション、それが住み心地のいい環境を整えマンションの資産価値を高める鍵。

あなぶきセザールサポート公式 あなぶきセザールサポート公式

記事を読む

管理会社とともに、より良いマンションにしていきたい

あなぶきセザールサポート公式 あなぶきセザールサポート公式

記事を読む

漠然としていた課題を、今は管理会社が具体化し、解決へと導いてくれる。

あなぶきセザールサポート公式 あなぶきセザールサポート公式

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
あなぶきグループの社会貢献活動④「ピンクリボン運動」

乳がんの正しい知識を広め、検診の受診を推進する「ピンクリボン運動」

あなぶきグループの社会貢献活動③「Table for two」

寄付活動「TABLE FOR TWO」 1食につき20円の寄付金

あなぶきグループの社会貢献活動②「障がい者自立支援」

  あなぶきパートナーの可能性は未知数。 新しい

お客様情報誌「plus alpha」vol.19を発刊いたしました

お客様のお手元に順次お届けいたしますので、ご高覧くださいますようお願い

あなぶきグループの社会貢献活動①「あなぶキッズプロジェクト」

子どもたちをもっと元気に。健やかな成長を支援する社会貢献活動 "あ